全日本教職員連盟

少人数学級実現に関する見解

12月24日、平成23年度政府予算案が閣議決定されました。文部科学省が要望していた公立小学校1、2年生の35人学級の実現は、1年生のみで実施される方針が固まりました。特別枠要望で6300人の純増を目指したのに対し、実際は300人に止まり、文部科学省の「新・教職員定数改善計画(案)」は、今後見直しを迫られることになります。文部科学省は、純増の300人に加えて、指導方法工夫改善のために加配している教職員のうち、各自治体で小学校1年生の少人数学級対応に振り分けていると推計される1700人を、基礎定数に組み込み、自然減と併せて、1年生の35人学級化を実現する方針を発表しました。
続きはこちらから(PDFファイル)
私たちも応援します。
株式会社イエローハット
相談役 鍵山 秀三郎

メッセージはこちら


  • フェイスブック
  • 加盟する単位団体
  • 教育皆伝
  • 積立年金制度
  • 訴訟費用保険制度
  • 世界児童画展
  • 関連リンク
全日本教育連盟の活動内容等

日々の活動報告や行事予定を随時更新しています。ご興味ある記事は是非チェックして下さい。

全日教連委員長から

日々の活動報告や行事予定を随時更新しています。ご興味ある記事は是非チェックして下さい。

  • 達人はこうする
  • 日本教育文化研究所『教文研』
  • 教育再生実行会議
  • 高梨沙羅
Copyright © NTFJ. All Rights Reserved.