全日本教職員連盟

「学校における働き方改革」(素案)に関する見解

「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学
校における働き方改革に関する総合的な方策について(素案)」及び「公立学
校の教師の勤務時間の上限に関するガイドライン(案)」に対する見解
全日本教職員連盟
平成30年12月6日、中教審「学校における働き方改革特別部会」より「新しい時代の教
育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関す
る総合的な方策について(素案)」(以下答申素案)及び「公立学校の教師の勤務時間の上
限に関するガイドライン(案)」(以下ガイドライン案)が示された。これらの最終的な到
達地点は、その表題にもある通り「持続可能な学校指導・運営体制の構築」である。この
ことは裏を返すならば、現行の学校指導・運営体制では持続不可能であるということに他
ならない。では何故持続不可能なのか。

つづきはこちら(pdf)


私たちも応援します。
株式会社イエローハット
相談役 鍵山 秀三郎

メッセージはこちら


  • フェイスブック
  • 加盟する単位団体
  • 教育皆伝
  • 積立年金制度
  • 訴訟費用保険制度
  • 世界児童画展
  • 関連リンク
全日本教育連盟の活動内容等

日々の活動報告や行事予定を随時更新しています。ご興味ある記事は是非チェックして下さい。

全日教連委員長から

日々の活動報告や行事予定を随時更新しています。ご興味ある記事は是非チェックして下さい。

  • 達人はこうする
  • 日本教育文化研究所『教文研』
  • 教育再生実行会議
  • 高梨沙羅
Copyright © NTFJ. All Rights Reserved.