全日本教職員連盟

令和元年度 中央情勢報告(No,15)

日本の児童生徒の読解力に引き続き課題あり!
〈 OECD生徒の学習到達度調査2018(PISA2018)経済協力開発機構(OECD) 〉

 経済協力開発機構(OECD)が、2018年に実施した「生徒の学習到達度調査(PISA2018)」が公表された。本調査は義務教育修了段階の15歳児を対象に、2000年から3年ごとに、読解力、数学的リテラシー、科学的なリテラシーの3分野で実施されており、2018年調査は読解力について重点的に調査・分析が実施された。また前回の2015年調査からコンピュータ使用型調査に移行している。日本では高校1年相当学年が対象で、183校の約6100人の生徒が参加し、6月から8月に実施された。

つづきはこちら(pdf)


私たちも応援します。
株式会社イエローハット
相談役 鍵山 秀三郎

メッセージはこちら


  • フェイスブック
  • 加盟する単位団体
  • 教育皆伝
  • 積立年金制度
  • 訴訟費用保険制度
  • 世界児童画展
  • 関連リンク
全日本教育連盟の活動内容等

日々の活動報告や行事予定を随時更新しています。ご興味ある記事は是非チェックして下さい。

全日教連委員長から

日々の活動報告や行事予定を随時更新しています。ご興味ある記事は是非チェックして下さい。

  • 達人はこうする
  • 日本教育文化研究所『教文研』
  • 教育再生実行会議
  • 高梨沙羅
Copyright © NTFJ. All Rights Reserved.