全日本教職員連盟

郡司隆文全日教連委員長、衆議院文部科学委員会へ出席!

 令和元年11月12日(火)、衆議院文部科学委員会に、郡司隆文全日教連委員長が参考人として招聘され、「公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法の一部を改正する法律案(一年単位の変形労働時間制導入)」に関して意見を述べました。
白須賀貴樹委員や浮島智子委員から、意義や利点等について質問を受けた郡司委員長は、「学校における働き方改革は、文科省、教育委員会、学校が総力戦で達成すべきもの。一年単位の変形労働時間制導入はその第一歩であり、働き方改革推進の起爆剤と成りうる」と説明しました。また「育児、介護世代には選択的に導入されることや延長される時間が週当たり3時間程度であること、延長された時間に業務は組み込むことはないこと等、しっかりと現場の教師に周知する必要がある」と、今後に向けた要望も併せて行いました。
 一年単位の変形労働時間制の導入について御質問がある方は、全日教連まて御連絡ください。

https://m.youtube.com/watch?v=d9_TmTbCQsI&feature=share


IMG_2039.PNG
私たちも応援します。
株式会社イエローハット
相談役 鍵山 秀三郎

メッセージはこちら


  • フェイスブック
  • 加盟する単位団体
  • 教育皆伝
  • 積立年金制度
  • 訴訟費用保険制度
  • 世界児童画展
  • 関連リンク
全日本教育連盟の活動内容等

日々の活動報告や行事予定を随時更新しています。ご興味ある記事は是非チェックして下さい。

全日教連委員長から

日々の活動報告や行事予定を随時更新しています。ご興味ある記事は是非チェックして下さい。

  • 達人はこうする
  • 日本教育文化研究所『教文研』
  • 教育再生実行会議
  • 高梨沙羅
Copyright © NTFJ. All Rights Reserved.